新しい挑戦 vol・1

去年から

サンクフルールは

墓石装飾のアレンジメントに挑戦しています

きっかけは

ある葬儀社さまからのご提案からはじまりました

「霊園の周りが寂しいので生花を植えたら

いい方法ないですかね?」

即答

「はい。アーティフィシャルフラワーの装飾

いかがでしょうか?」

お花に関わってきたので

生花

手入れが大変なんですよ。

アーティフィシャルフラワー

のそれぞれの良さや問題点がわかるから

即答できたのです。



プリザーブドフラワー

この答えのヒントになったお話。

少しお話ししますね。

大好きな父は一昨年天国に旅立ちました。

大好きな母は13年前に天国へ。

実家のお墓は

新潟県の魚沼市

雪深い所にあります。

雪でお墓が埋まってしまうので5月の連休明けくらいまでは

お墓参りはできません。

父とは母のお墓参りによく一緒に行きました。

定番の生花を買ってお線香を持って。

4年前くらいから

お墓に100円ショップの造花をお供えしている

お墓がちらほらみられるようになりました。

斬新だな~と思ってみてました。

でも正直。。。

おしゃれに素敵にアレンジした造花はなかったです。笑

父に

「お父さん。私は仕事でこういう素敵なお花つくれるよ。どう?」

父はきっぱり

「お母さんに造花はだめだ!!」

ということで

しばらく定番の生花の菊のアレンジメントをお供えしてました。

二年くらいたったころ

「美和子。お墓に造花のお花作ってくれる?」

頑固な父もたくさんの造花のお墓をみて変わったようです。

実はその後

まず住職の奥さまが

「美和子さん。素敵!これ本物のお花?」

とびっくりされて

このお供え花はかなり人気になりました。

そう

時代は変わります。

あたりまえのことがあたりまえでは

なくなる。

頑固な父の気持ちを変えるんですから。笑

でも

ずっと屋外にあるお花

時間がたつと

雨や風、誇り、紫外線で花の色があせる。

何か方法ないかな?

ここからサンクフルールの挑戦のスタートです!

vol.2に続く